読書

2015年02月28日

ハリー・ボッシュの長いお別れ

21d13a0e.jpg
一週間返却期間オーバーしてしまった。
早く返しに行かなくちゃf^_^;


この本読むの2回目だけど、お話全然覚えてなかった。
ハリー・ボッシュが死んだ警官の妻に心惹かれるところだけ記憶にあったんだけど。

そして、今回読んだら、
死んだその警官、当初、自殺と思われていたカル・ムーアの妻の名が、
なんと、シルヴィア
あれ、テリー・レノックスの妻の名前と同じだ。
カル・ムーアの死の真相を追ってメキシコ、国境の街にボッシュが奔走する。

これは、正しくハリー・ボッシュの長いお別れ

魚が焼き上がった。ボッシュは魚をフォークで皿に移し、焼き網に蓋をかぶせた。
ふたりして部屋へもどる。ボッシュは魚にピコピコをあわせたスペインふうライスを添えて盛りつけた。
赤ワインのボトルをあけ、二つのグラスに注ぐ、神々の血だ。白ワインはいっさいおいていない。
テーブルの準備をすっかりととのえると、ボッシュはテレサの顔に笑みが浮かんでるのを目にした。
「インスタント食品専門だと思っていたんだろ」
    ・・・・・P149


ハリー・ボッシュ


kokoronomemo at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2015年02月07日

ナイトホークス

IMG_5367
むかし読んだことある本なんだけど、こんなに面白かったんだ。震えるほど面白かったぜよん。

目にした何か、耳にした何かが心を捉える。
ほんの微かな匂いを追う犬のように執拗に答を探す男、ハリー・ボッシュ。

あなたとの事は、計画になかったことよ・・・・

FBI捜査官エレノア・ウィッシュへのつらい思い。

私を許してくれないの

だれかが責任を取らなくちゃいけない

ホッパー・ナイトホーク
 エドワード・ホッパーのナイトホークス(夜更かしする人達)
エピローグでボッシュに送られてくる。送り主はエレノア・ウィッシュ。 

IMG_5364
 横須賀にもワインが広がってるのかな。
いったいいつできたのよ。
この写真が、セットで1000円だった@ワインカフェ
ワインが2杯でこの値段だったらな・・・・
サーモンマリネ(左)美味かった。鴨のロースト(右)も美味かった 。ラタトゥーユ(中)は、カビてるのかと思った、たぶんローズマリーが強すぎかな。

kokoronomemo at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2014年11月15日

リンカーン弁護士

d951ca2f.jpg

マイクル・コナリーの本を図書館で借りてきた。


今日は、借りるの決まってたから、うんちは出たがらなかった

CDも借りてきた。ジェニファー・ロペスの on the 6 とカーディガンズのBest
カーディガンズって知らないんだよね。
もしかしたら、♩らぶみ〜、らぶみ〜、せいざちゅぅらぶみ〜♩と耳に残るフレーズのあの歌、歌っているグループかなと、思って借りちった(^^)。

あ、あった、あった、これだ、これだ(^^)


kokoronomemo at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2014年10月18日

償いの報酬 ◆ 死角オーバールック

秋の読書2冊
う〜ん、満足(^^)
1-IMG_4597
初老のマット・スカダーが、昔の事件を語っています。それは、丁度アルコールを断って一年が経とうとしていた頃。マットの語りに引き込まれます。

安い酒ではない。しかし、ディッケルやワイルドターキーほどではない。それに、ディッケルやワイルドターキーほど高い評価を得ている酒でもない。・・・・P434

それがオールド・クロウであれ、オールド・フォレスターであれ、ジム・ビームであれ、ジャックダニエルであれ。ただ名前の響きが気に入って注文することもあれば、ボトルの見てくれから選ぶこともあった。通りを渡って酒屋に足を運ぶときには、たいていアーリー・タイムズとかエインシャント・エイジとかJ・W・ダントとかを持ち帰っていた。値段が手頃で徳用で、飲みやすく、ちゃんと仕事を果たしてくれるだけの強さはある酒だ。 
 メーカーズマークが好きだったのは、キャロリン・チータムだ。・・・・P434

1-IMG_4597-001
おっと、ハリー・ボッシュが同い年だ。いつもよりスピーディな展開だと思ったら、新聞に連載されていたそうだ。

 電話を切ると、玄関脇のクロゼットから上着をひっつかんだ。袖を通しながら、クロゼット扉の内側の鏡に映る自分の姿にちらっと目を走らせた。56歳という年齢にしては、体はひきしまっており、あと少しは肉をつける余裕があった。・・・・P12

 ボッシュはすでに読書用眼鏡をかけていたが、机の抽き出しから四角い拡大鏡を取り出した。拡大鏡は、手元の作業には眼鏡をかけてもむずかしいくらい老眼が進んでいるのに気づいたときに買ったものだった。・・・・P151 

kokoronomemo at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2014年09月14日

Sixkill 春嵐 Robert B.Parker

夏休み、とりあえず一冊読んだ
1-CCF20140914_00000
ボストンで新作映画を撮影中の人気スター、ジャンボ・ネルソンのホテルの部屋で、若い女性ドーン・ロバタが変死した・・・・
クワークから、ジャンボが殺したのか? 真相調査を依頼されたスペンサー 。また、いつものように難しいことを言いながら、相手を怒らせて、やっつけて、めでたし、めでたし(^^)。

パーカーの最後のスペンサーシリーズ、スーザンの尻ーも素敵に描写されてた。
久しぶりに読んだけど、スペンサー、料理してなかったな。 

パーカーさん、2010年1月、大いなる眠り 

kokoronomemo at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2014年09月06日

たまには本でも読もう(u_u)

6c129d5a.jpg
歯医者の帰り図書館に寄って借りて来た(*^^*)。


kokoronomemo at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ