心のメモ帳

2020年04月03日

公園の桜綺麗だったな🌸🌸🌸

仕事終わり、公園に行った。
まだ明るい。
人はまばら、ジョギング人時々。
桜は満開だというのに・・・・
うるさいと思っていた、宴会騒ぎも無くなると寂しいもんだ、みのもんた。



kokoronomemo at 19:30|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年03月20日

ハッカーの報酬 もう一度読んで捨てるシリーズ

IMG_4375
多分これ読んだときはコンピューターのこと、インターネットのことまるっきり知らなかったと思う。

確かに当時は電話でインターネットだったね。今でも意味がわからない。
PCオタクの画家が依頼を受け、依頼者の敵対会社のシステムをめちゃくちゃにする話。
今だから、ちょっとなんとなくイメージできるけどね(^^)。

いろんなウィルスに対するセキュリティはしっかりやらなくちゃ。
とは、思うけど・・・

kokoronomemo at 11:45|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年02月17日

東京オリンピック大丈夫かな、コロナめ、





kokoronomemo at 20:30|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年02月02日

チリも積もれば、3000円


いつの間にか溜まってしまった1円と5円硬貨。
どうしよう、銀行に行くのもなんか恥ずかしいし。
こんなのがあった(^^)。

捨てようかと思ってた1円と5円玉。
捨てるわけには行かないし、いったいいくらだろか。
3キロくらいだから3000円くらいかな。
こんなのが出来たんだね(^^)。
その名はコインスター!!
早速入れてみた!
お、3500円で手数料引かれて3208円 とな٩(^‿^)۶。

4時間以内にリビンで使用とのこと。



kokoronomemo at 19:00|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年01月06日

仕事始め





kokoronomemo at 16:00|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年12月25日

「分署物語」観てきたよ! いいお芝居でした、まだやってます(^^)。

忙しい年末だけど、仕事休んで観に行っちゃった。
いいお芝居だったから、仕事休んでも行く価値あったね。
011225bu
消防士の話だったんだね、五郎ちゃんが出るからコメディだと思ってたのに。

現在、過去と場面が展開する映画的な表現手法。
ストーリーに破綻はないし、分かりやすいからドラマにぐんぐん引き込まれたよ。

五郎ちゃんの消火シーン、迫真の演技で素晴らしかった。
杉並ファイブでも、鋭い切り込みでどっと沸かせる五郎ちゃんだけど、こういう演技力があればこそなんだなと思ったよ。

011225
絶賛上演中、まだまだやります。
観なきゃ損するよ!





kokoronomemo at 21:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年12月24日

きっと君は来ない〜、いつものクリスマスイブ

カルディでスパークリングワイン買って飲んでやったぜ。
ちっともワイルドでないでかるでぃ(^^)。



kokoronomemo at 23:03|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年12月17日

みんな若いなぁ〜


クリスマスタイムか。



kokoronomemo at 23:18|PermalinkComments(0) mixiチェック

ホーンマン クラーク・ハワード短編集

fullsizeoutput_140b
もう一度読んでから捨てようシリーズ。

30歳からの読書。
きっかけはほぼ隣に川崎図書館があったから。
ここで借りた、ハント姉妹殺人、処刑のデッドライン、圧倒的読ませる力。
クラーク・ハワード、すんごいおっさんや。

そしてこの短編集も、みんな素晴らしい作品ばかり。
特に「スカルプ・ロック」泣けた。
「カスターの亡霊」ほのぼの、ドキドキ、その後ほっとした。

捨てるのもったいない。
誰か、読む人いないかな。


ピアブランカ 本日のAランチは、ハンバーグ🥦

kokoronomemo at 22:17|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年12月16日

半分のカボチャ

小学校の頃、国語の教科書に「半分のカボチャ」という作品があった。
よく覚えてないけど、お爺さんが隣の人にカボチャ半分を美味しいからプレゼントした話。
常識的には、カボチャ丸ごとあげろよ、なんで半分なんだよ。
しかし、お爺さんの気持ちは、半分食べたカボチャがものすごく美味しかったから、美味しいカボチャを隣人にも食べて欲しかった。

ワークマンのアルミフーディットパーカーを娘に誕生プレゼントした。
「年寄りの買った服なんか若い娘が着るわけないって言ってるのに、もう!」とプレゼントしたその時、相方からの一言!

常識的には、相方のいう通りかもしれないね。
でも、お爺さんの気持ちは、自分で使ってみて、デザインも気に入ったし、機能的にもすごくいいと思ったから、夜遅くまで仕事してる娘の行き帰りに着てくれたらいいかなと思っただけさ。

傷ついた、グレてやる(^^)!

kokoronomemo at 18:00|PermalinkComments(0) mixiチェック
プロフィール

ここメモ

最新コメント
月別アーカイブ